気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
1 【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】(上)教員が県民大会に生徒を「動員」1/4
【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】(上)教員が県民大会に生徒を「動員」
(1/4ページ)

2010.7.7

鳩山由紀夫首相(当時)が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先を
「同県名護市辺野古」と明言した直後の5月25日。
名護市労働福祉センターは異様な熱気に包まれていた。

 急(きゆう)遽(きよ)、沖縄県を訪れた社民党党首、福島瑞穂消費者・少子化担当相(当時)は、
50人の住民を前に自説を唱えた。

 「どんなことがあっても辺野古に基地は造らせない」

 参加者が噴き出す汗をぬぐいながら始まった対話集会。
沖縄県教職員組合(沖教組)に所属する男性はマイクを手にまくしたてた。

 「米軍と自衛隊が(移設飛行場を)共用するという案もある。米軍はもちろん反対だが、
自衛隊も受け入れられない。われわれの親兄弟は日本軍に虐殺されたんだ」

 会場は一瞬、静まり返り、その後、大きな拍手がわき上がった。

 「われわれはいつも犠牲者だ」

 65年前の沖縄地上戦の悲劇への被害者感情を反対運動に重ね合わせる住民らの口からは
「反日・反米論」が飛び交った。

 4月25日、強い日差しのなか、
同県読谷村の運動広場で普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設反対、
県外移設を求める県民大会が開かれた。主催者発表で9万人余りが参加。
那覇市内の40歳代の県立高校PTA会長によると、
ある県立高校の男性教員が2年生と3年生の女子高生をドライブに誘い出した。
2人は会場に着いて初めて県民大会に誘導されたことに気付いた。
彼女たちは関心がなく、手渡された弁当を食べ、大会が終わるまで木陰で休んでいたという。

 PTA会長は振り返る。「おとなしい子供たちを狙って誘い出したようだ」






人気ブログランキングへ

Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地]  thema:沖縄 - genre:地域情報
人間の鎖嘉手納包囲 1万5000人平和希求
人間の鎖嘉手納包囲 1万5000人平和希求
2007年5月14日

【中部】米空軍嘉手納基地の機能強化に反対するため「5・13嘉手納基地包囲行動」(主催・同実行委員会)
が13日午後行われた。1万5270人(主催者発表)が参加し、「人間の鎖」で同基地を取り囲んだ。
同基地の包囲行動は7年ぶり4回目。
一部でつながらない個所もあり、完全に包囲できなかったが、復帰から35年経過しても変わらない
基地の重圧を県内外に訴え、平和な島を求めた。

F22戦闘機の一時配備やパトリオット・ミサイルの配備など、機能強化が強まる嘉手納基地を包囲しようと
労働組合平和団体政党など10団体が実行委員会を結成して取り組んだ。

恒常的な騒音被害に悩む嘉手納町、北谷町、沖縄市など基地周辺の住民をはじめ、県内各地から
「人間の鎖」に加わり、17キロにわたる極東最大の軍事基地を囲んだ。
10日に始まった「5・15平和行進」に参加した県外からの参加者も加わった。

 当初の予定では1回目の包囲は午後3時15分だったが、つながらない場所が数カ所あったため、
30分遅れの同45分に基地に向かって手をつないだ。10分後の同55分に2度目の手をつないだ。
包囲行動で完全包囲できなかったのは今回が初めて。主催者によると7カ所でつながらない部分があった。

包囲行動を終えた実行委員会の崎山嗣幸共同代表は、事前の取り組みの弱さを反省しながらも、
1万5千人が結集したことを評価。
「県民の基地への負担感をアピールできた。大きな意義があった」と語った。
 前回の嘉手納基地包囲行動は、沖縄サミットが開催された2000年に行われ、約2万7千人が参加した。

____________________________________________________________________

oki_Chatanさん意見


嘉手納基地を「人間の鎖」で取り囲むという記事です。
人間の鎖については、全国的に有名なので、ご存知の方も多いでしょう。
この記事を注意深く読めば、以下の事が分ると思います。
「恒常的な騒音被害に悩む嘉手納町、北谷町、沖縄市など基地周辺の住民をはじめ、
県内各地から「人間の鎖」に加わり、17キロにわたる極東最大の軍事基地を囲んだ。」
この文の後に、事前の取り組みが甘く、鎖が繋がらなかったと記載されています。
この記事は、実際には、どう読めば良いのでしょうか。

実は、このような反基地闘争は公務員労組などの組織的な動員によって行われています。
決して、地元住民が自発的に参加しているのでは有りません。
もし、地元住民が多く参加しているなら、鎖が繋がらないなどという失敗はありません。
歩いてでも参加できますからね。
近くの住民はほとんど参加せず、遠くから来た人しか参加しないから失敗したのです。
なぜ、近くの一般住民が参加しないのか。その本当の理由を新聞は決して書きません。

____________________________________________________________________



私は、人間の鎖や、集会に一度も参加した事ないひとりです。

色つきの旗や「核マル」等の旗をみて気持ち悪さを感じます。

何度か鎖を見ましたが、遠くから冷たい視線を送っています。

2007年5月13日と言えば、日曜日です。それも午後3時ごろ。

のんびり屋の多い沖縄でも3時頃なら集まるでしょう。

基地の近くには、ご存知のように住宅街がひしめき合っているので

その気になれば、地域住民が参加するのでしょうが、米兵の事件が起きない限り

参加する住民もいませんね。

米兵の事件も集会や鎖等に利用されているようにも見えます。

「米兵が事件を起こしたぞ~。チャンス~」



Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地
基地賛成・容認の声はどこで聞けるの
鳩山首相が来沖した時は凄かった

新聞やTVに映し出される基地反対のプラカード。

日本全国に、沖縄の民意は「基地反対」と印象付けされた。

ちょっと待て!


私は、基地容認してるんだけどな。。。

沖縄県民130万人のなかで基地賛成・基地容認は私一人だけなのか。

違うでしょ。

私の親族や友人の中にも、基地賛成や基地容認はいるし。

TVや新聞が、反対者の声ばかりを反映させるのはなぜ


インタビューでも基地反対の声ばかりを取り上げるのはなぜ

新聞の読者投稿でも基地反対の投稿しか載せてないのはなぜ

基地賛成者や基地容認者の声を聞きたいと思っても知る事ができないのはなぜ

不都合なのか?誰に不都合なのか

それともTV的にマスコミ的に「絵」になるから

公平に報道はしていただきたい。

たくさんの ばかりだけど。

腑に落ちない事が多すぎる。

調べてみよう分る事があるかも。






Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地]  thema:マスコミ - genre:政治・経済
反戦運動と結びつくスパイ活動 沖縄・嘉手納飛行場
反戦運動と結びつくスパイ活動 沖縄・嘉手納飛行場
2009/06/24 (産経新聞)

【侵食される守り 沖縄米軍基地】(上)
 世界最強を誇る米軍の中で最大の戦闘航空集団とされる第18航空団が拠点にしている
沖縄・嘉手納飛行場は、北東アジアから東南アジアにかけての安全保障の要としてつくられた。
だが、いまや北朝鮮の核実験、さらには南シナ海における中国艦船を追う情報基地として
クローズアップされるようになり、それが反戦平和を旗印にした沖縄の反基地運動の監視対象となりつつある。
そんな反戦機運の中で今度は中国など海外からのスパイ活動が活発化しようとしている。

 「リムピース 追跡!在日米軍」と名付けられたウェブサイトが最近、大きな注目を浴びた。
「リムピース」とはハワイ周辺海域で行われる、
いわゆる日米合同軍事演習を意味する「リムパック」に対し、環太平洋平和活動という意味で命名されている。
いわば基地撤去を求める反戦平和運動の延長線上にある。


 そのリムピースが今年4月14日、嘉手納基地に駐機するWC135大気収集機、
通称「コンスタントフェニックス」の機影を最初にとらえたからだ。

 コンスタントフェニックスは旧ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故のさいにいち早く
放射性物質を検出
したことで知られる。
放射性物質の観測でこれほど高性能な機能を発揮する偵察機は以前は複数あったが、
いまは1機しかない。当然ながらその動向は極秘だった。

 リムピースはそれをいち早く撮影し、リアルタイムで「ミサイル発射翌日にはすでにスタンバイしていた。
北朝鮮の核実験あるいは核開発再開をかなり以前から予想し、準備していた」と解説して
軍事専門家をうならせたのである。

 実は、こうした撮影を可能にしていたのが基地そばにある「道の駅かでな」だった。
「道の駅」は全国に900カ所近くあり、国土交通省が進める地域振興施設のひとつなのだが、
嘉手納基地の場合、4階建ての道の駅施設屋上から広大な基地を見渡せるようになっている。
結果、米軍基地が一望できる国際的な人気スポットになった。

 そうした海外からの観光客の中に中国人基地監視グループも含まれていた。
地元旅行社添乗員は次のように話している。「中国の団体客はかならず嘉手納基地をみたがるが、
2年ほど前から5、6人の妙なグループが交じるようになった。
普通の団体客とは別行動をし、タクシーをチャーターして
嘉手納だけでなく普天間や那覇軍港、ホワイトビーチなどすべての米軍基地を連日、訪問する。
日本語のやたらうまい通訳までつれており、基地監視が目的とすぐにわかった」

 このグループは「道の駅かでな」屋上の軽食店員らにも目撃されていた。
「機材が半端でない。5人ほどで完全に基地全域をカバーしている。
なぜか偵察機の離着陸情報があるとかならず現れる」

 気になるのはこうした“偵察”が日本の反戦平和グループとも連動している可能性がでていることだ。
嘉手納基地周辺では次のような証言もあった。

 「嘉手納基地の情報収集に熱心な男がいる。基地マニアの間ではよく知られた男で、
革新政党事務所に出入りし、本土から来る反戦グループをときどき案内していた。
その男が最近、どう見ても中国人要人とみられる外国人グループを案内していた」

 似たようなケースは、中国の全国人民代表大会(全人代)代表団29人
3月に3日間にわたって沖縄を訪問したさいにも起きた。
訪日団は当初、嘉手納基地が眺望できる「道の駅かでな」を強く要望していたのだが、
直前に「沖縄石油備蓄基地」(うるま市)訪問に切り替えたのである。

 石油資源のない日本は国家備蓄基地を全国に張り巡らしているが、米軍基地の多い沖縄の場合、
有事の際に重要な戦略拠点になり得る。
しかも備蓄基地近くにはホワイトビーチ米海軍基地があり、ホワイトビーチはかつての
台湾有事で補給基地として活用された経緯がある。

 全人代訪日団は日中議員友好を理由に訪日したが、当初から沖縄訪問に強くこだわった。
理由は「歴史的、文化的つながりを背景とした経済交流」だったが、
なぜか、石油基地見学に固執したのである。しかも代表団には人民解放軍幹部2人が含まれていた。

 問題は、沖縄タイムスや琉球新報など地元マスコミでは経済界と訪日団の昼食会など
経済交流ばかりがが報じられ、石油基地訪問については沈黙が守られたことだった。



反戦運動と結びつくスパイ活動 沖縄・嘉手納飛行場



人気ブログランキングへ

Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地]  thema:沖縄 - genre:地域情報
back | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。