気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
「中国は変わっていなかった」仙谷氏が甘さを反省
「中国は変わっていなかった」仙谷氏が甘さを反省
産経新聞 9月29日(水)

仙谷由人官房長官は29日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、中国側が船長の釈放を求めて態度をエスカレートさせてきたことについて、「20年前ならいざ知らず、(中国は)司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と述べ、自身の見通しの甘さを反省した。

仙谷氏は13日に船長以外の乗組員14人と漁船を中国に帰還させる際、「違った状況が開けてくるのではないか」と中国の姿勢の軟化に期待感を示していたが、実際には逆に中国は一層、態度を硬化させた。

 仙谷氏は29日の会見でこの発言について、「領事面接の便宜取り計らいや14人の世話を通じた報告で中国側も理解してくれるだろうと判断していた」と釈明。その上で「司法過程についての理解がまったく(日本と中国で)異なることを、もう少しわれわれが習熟すべきだった」と語った。


海保巡視船の追跡めぐり・・・緊迫の尖閣諸島近海(10/09/29)




____________________________________________________________________

なぜか中国に敬語連発 仙谷長官
2010.9.29 18:07

中国はお変わりになっていなかった-。仙谷由人官房長官は29日の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で、日本政府の予想に反して中国側が強硬姿勢を強めてきたことについて「中国は司法権の独立、政治・行政と司法の関係が近代化され、随分変わってきていると認識していたが、あまりお変わりになっていなかった」と述べ、なぜか敬語を交えて自身の甘い中国認識に反省の弁を述べた。

 仙谷氏は13日に船長以外の船員14人と漁船を中国に戻す際、「14人と船がお帰りになれば、違った状況が開けてくるのではないか」と述べ、中国の姿勢軟化を予想していた。

29日の記者会見では、この発言について「中国側も理解してくれるだろうと判断していた。『20年前ならいざ知らず』という気分が私にあった」と釈明。その上で「(日中両国で)司法過程についての理解がまったく異なることを、もう少しわれわれが習熟すべきだった」と語った。

 仙谷氏は28日には、東シナ海・白(しら)樺(かば)ガス田付近を航行中の中国の海洋調査船について「周辺にいらっしゃることは確認している」と述べていた。

____________________________________________________________________

緊迫の尖閣沖 海保巡視船、中国漁業監視船にピタリ



■アサヒ・コム動画 http://www.asahi.com/video/
 沖縄県・尖閣諸島の近海を航行する中国政府の漁業監視船を28日、朝日新聞社機「あす­か」から確認した。すぐ脇を海上保安庁の巡視船が並走しながら警戒しており、曇天に覆­われた洋上は緊迫した雰囲気に包まれている。

 現場は魚釣島の南東約50キロ。午後2時半ごろ、船尾に赤い中国国旗を掲げた白い船体­の漁業監視船が島を左に見る形で北東へ針路をとった。側面に「中国漁政203」とある­。中国農業省の漁業監視船だ。甲板に人影はない。その約500メートル島寄りに、海保­の大型巡視船が立ちはだかるように並走。さらに島寄りに巡視船がもう1隻、後方にも3­隻が追走しており、領海に侵入しないよう、漁業監視船に無線で注意を続けているという­。

 漁業監視船は、中国漁船と海保巡視船の衝突事件後の10日未明に尖閣近海に2隻現れた­。18日以降、いったん姿を消したが、24日夕から再び日本領海のすぐ外側で航行を続­け、海保が警戒にあたっている。

 衝突事件の引き金になったのは、周辺海域で急増した中国漁船による違法操業だったとみ­られる。

 尖閣諸島付近の日本領海で違法操業の疑いがあるとして、海保が外国船に立ち入り検査し­たのは、2008年に2件、09年に6件だった。このうち中国漁船は08年の1件だけ­で、残り7件は台湾漁船だった。

 ところが、今年に入って立ち入り検査は21件と急増。このうち11件が8月以降に集中­し、すべて中国漁船だった。海保によると、尖閣諸島周辺の日本領海やその外側の排他的­経済水域(EEZ)には8月中旬から中国漁船の姿が増えるようになり、多い日には70­隻が領海内で確認された。事件があった9月7日にも30隻が領海に入っていた。

 海保は「中国船を狙い撃ちにしているわけではない。立ち入り検査の対象は、故意に領海­深くに入って操業する漁船だ」と説明する。

 事件後、尖閣諸島の周辺で中国漁船は確認されていない。28日も、日本の漁船とみられ­る小舟が数隻みられたほかは、不審な船は見あたらなかった。(佐々木学、永田工)



____________________________________________________________________

外相「重大な支障」と言うものの、中露攻勢になすすべなし
2010.9.29

メドベージェフ大統領の北方領土訪問について、前原誠司外相は29日、外務省を訪れたロシアのベールイ駐日大使に対して、「実現すれば日露関係に重大な支障が生ずることになる」と強く警告した。前原氏が同日の産経新聞などのインタビューで明らかにした。だが、北方四島の実効支配を強めるロシアに対し、日本側には訪問を実力で阻止するすべはない。ロシアは尖閣諸島付近の漁船衝突事件で強圧的な態度をとる中国と連携して対日攻勢を強めている。安全保障面で定見がない民主党政権は弱点を突かれた格好だ。(酒井充)

前原氏は、ベールイ大使に対して、大統領訪問を踏みとどまるよう警告するとともに、「北方四島は日本固有の領土だ」との日本側の主張を伝えた。また、メドベージェフ大統領が27日に胡錦濤国家主席とともに第二次大戦終戦65周年を記念する共同声明に署名したことに触れ、「極めて遺憾だ」と非難した。

 前原氏が強い口調で中露両国を批判する背景には、尖閣諸島沖での漁船衝突事件で、領土領海問題に対する認識の甘さを批判されているという民主党政権の現状がある。ここで強い姿勢を示せなければ、政権は国民の支持を失いかねない。

ただ、前原氏の強い態度も口先だけで終わる可能性が大きい。具体的な対抗措置をちらつかせることすらできないのが今の日本政府だ。仙谷由人官房長官は29日の記者会見で大統領訪問について「ロシアの意向がどのへんにあるのかは承知していない」と語り、無策ぶりを露呈した。

 政府内には大統領の訪問の話が浮上した直後、「日本の反発を考えたらロシア側に利点は少なく、訪問しないのではないか」(外務省筋)との楽観論もある。だが、漁船衝突事件で中国人船長を釈放した件に象徴される日本側の弱腰の対応で「簡単に圧力に屈する国として、中露両国に見透かされている」(民主党議員)ようだ。

平成19年6月にロシアのラブロフ外相が北方領土・国後島などを訪れたが、日本政府は当時抗議すらしなかった。ロシアの「対日戦勝記念日」制定に対しても異議を唱える申し入れだけで済ませてしまった。今回の問題でも、国際社会を味方につける発信力に乏しい。菅直人首相は29日夕、記者団に「大統領が北方四島を具体的に訪問するとは受け止めていない」と繰り返しているだけだ。


____________________________________________________________________

中国漁船衝突事件は「政府の迷走」社民・福島氏
2010.9.29

社民党の福島瑞穂党首は29日の記者会見で、中国漁船衝突事件について「政府の方針がしっかりしなかったことによる迷走だ」と政府の対応を批判し、国会で追及していく考えを示した。同時に、衝突時の状況を撮影したビデオ映像の公開や、大林宏検事総長の国会招致も求めていく考えも明らかにした。


関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[尖閣諸島]  thema:尖閣諸島問題 - genre:政治・経済
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/84-2c9e4cf8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。