気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
「英雄」扱いの船長、尖閣に「また行く」
中国漁船船長に「道徳模範」 泉州市が表彰
2010/10/23 12:59 【共同通信】

 【北京共同】沖縄県・尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件で日本側が逮捕し、那覇地検が処分保留で釈放した、セン其雄船長が23日までに、地元の中国福建省泉州市で「道徳模範」の一人に選ばれ、表彰を受けた。香港メディアが伝えた。

 今回選ばれた泉州市の道徳模範は計27人おり、船長は仕事に熱心に取り組み社会貢献した住民に贈られる「敬業奉献模範」に選ばれた。6月から選考が始まり、計133万人の投票に基づき選ばれたという。

 船長は日本から帰国した際、Vサインであいさつし英雄扱いされたが、表彰式後は記者の取材を断り、目立たないようにしていたという。


____________________________________________________________________

尖閣巡視船衝突:釈放の船長 道徳模範で表彰 中国
2010年10月22日 23時50分【毎日新聞】

 【上海・鈴木玲子】中国紙によると、沖縄県・尖閣諸島付近で海上保安庁巡視船に衝突し、公務執行妨害容疑で逮捕され、処分保留で釈放された※其雄(せん・きゆう)船長が21日、「仕事に精励し奉仕した」のを理由に、地元の福建省泉州市から「道徳模範」として表彰された。

 香港メディアによると、※船長は同日夜、地元テレビ局での表彰式に姿を見せ、「敬業奉献模範」として他の5人とともに表彰された。その後、記者の取材をやんわりと断って観客席に戻った。


____________________________________________________________________

「英雄」扱いの船長、尖閣に「また行く」
読売新聞 9月26日(日)

【北京=佐伯聡士、香港=槙野健】沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖で起きた中国漁船衝突事件で、菅首相が26日、「謝罪と賠償」要求を拒否したのを受け、中国の胡錦濤政権は、訪日観光の自粛や閣僚級以上の交流停止などの報復措置を当面継続しながら、日本側の出方を見極める構えだ。

 日本が再び強硬姿勢を示せば、一層の報復措置を発動する可能性もある。

 中国側は、「謝罪・賠償」要求を「当然の権利」(姜瑜(きょうゆ)・外務省副報道局長)として、一歩も譲らぬ姿勢を示している。すでに船長釈放で「譲歩」(外交筋)し、事態の沈静化を望む菅政権がさらに歩み寄ってくるのを待っている模様だ。

 事態打開に向け日本側が探るハイレベル会談は、「謝罪と賠償」協議の場にしたい考えとみられる。

 一方、尖閣周辺での中国漁船の動きがさらに大胆になるとの懸念は、ますます高まっている。日本側に釈放され、「英雄」扱いされる中国漁船の●其雄(せんきゆう)船長は25日、香港メディアなどに「釣魚島に行き、漁がしたい。機会があれば、また行く」と語った。(●は「擔」のつくりの部分)


____________________________________________________________________

船長は英雄…中国ネット「対日勝利」で沸騰
読売新聞 9月25日(土)

【北京=大木聖馬】中国のインターネット掲示板は25日、中国人船長の帰国を受けて、対日「勝利」をたたえ、一層の強硬な措置を求める声で沸騰した。

 事件を巡って日本に「謝罪と賠償」を要求、より大きな外交成果を得ようとする胡錦濤政権を、「反日世論」が後押ししている。

 大手ポータルサイトでは、24日の船長釈放決定後、数千規模の書き込みが殺到、「日本投降。9月24日は21世紀の戦勝記念日だ」「船長は抗日英雄だ」などと「圧勝」に酔いしれた。

 「謝罪と賠償」要求については、大多数が「全面的な支持」だ。「胡錦濤国家主席は海軍を出動させ、日本を懲らしめるべきだ」などと、軍事行動を求める者も少なくない。

 レアアース(希土類)の輸出を事実上停止している措置に関しても、「日本には経済制裁が一番有効だ」などと賛同する意見が多い。日本製品の不買運動や訪日旅行の自粛などの呼びかけも続出し、「愛国行動として支持する」との声が広がる。今後、経済面での民衆レベルの反日行動が表面化する恐れがある。

 中国のネット人口は4億人以上。民主主義国家と違って「言論の自由」がない中国では、比較的自由な「ネット世論」が影響力を拡大、政権はその動向に細心の注意を払っている。対日政策で「弱腰」と見なされれば、共産党さえ匿名の群衆から袋だたきに遭う。

 政権には、ネットが過熱している状況では、日本に対して柔軟な姿勢は取りにくいという事情がある。

 もっとも、「日本に勝った」という凱歌(がいか)を上げるネット世論と、「菅政権から一層の譲歩を引き出せる」(外交筋)と読んで強硬姿勢を崩さない政権はいま、同じ方向を向いている。


____________________________________________________________________


関連
尖閣 #senkaku 諸島の領有について #futenma タグにての議論

尖閣 #senkaku 諸島問題についてのアメリカ側の言及を巡る話








人気ブログランキングへ

関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[中国]  thema:尖閣諸島問題 - genre:政治・経済
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/80-c66e7473
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。