気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
中国・観光局、日本・観光庁との話し合いを拒否=尖閣問題で
中国・観光局、日本・観光庁との話し合いを拒否=尖閣問題で
2010/09/24(金)

中国の国家観光局(国家旅遊局)は23日、日本の観光庁が申し入れた話し合いを拒否したことを明らかにした。チャイナネットが報じた。


22-23日に奈良市で開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の観光大臣会合には、中国・国家旅游局の祝善忠副局長が出席した。ただし、これまでの同様の機会では、国家旅游局が日本の国土交通大臣の表敬訪問を受けることが慣例になっており、中国側も「成果」としていたが、今回は実現しなかった。

  尖閣諸島近くの日本の領海で操業していた中国漁船の船長(中国人)が逮捕され、身柄の拘束が続いていることに対する、中国側の強硬姿勢の一環で、国家観光局も「(事態は)中国人の日本訪問の気持ちを、大きく損ねた」との見方を示した。(編集担当:如月隼人)



____________________________________________________________________



中国、日本人4人を取り調べ フジタ社員か



日本のゼネコン「フジタ」の社員とみられる4人が軍事関連施設で撮影したとして、中国で取り調べを受けていることがわかった。

 中国国営・新華社によると、中国当局は河北省の軍事管理区域に許可なく立ち入り、ビデオ撮影したなどとして、日本人4人を取り調べている。

 フジタは「社員4人が中国で拘束されているようだ」と話していて、中国当局が取り調べているのは同社社員とみられる。4人は旧日本軍の遺棄化学兵器を処理する事業の調査のため、河北省を訪れていたという。

 中国側は沖縄・尖閣諸島沖の衝突事件で船長の即時釈放を求めて圧力を強めており、今回の事案は対抗措置の可能性がある。




____________________________________________________________________


中国拘束の4人、「フジタ」関係者か
9月24日(金)7時56分配信

尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の報復なのか――。

 日本人4人が中国当局に取り調べを受けたとの一報が入った23日夜。身柄を拘束されたのは、遺棄化学兵器処理事業に携わる中堅ゼネコン「フジタ」(東京)の社員との情報もあり、同事業関係者は「日中関係の改善を願い、戦争の負の遺産を清算しようと進めてきた事業なのに」と衝撃を受けている。

 フジタの現地法人の上海事務所のスタッフは、「日本人社員が4人拘束されたと聞いている。情報収集を急いでいるが、詳しいことはわかっていない」と話した。

 同事業は、旧日本軍が中国各地に遺棄した化学兵器を発掘・回収し、無毒化する事業で、1997年発効の化学兵器禁止条約に基づき、日本政府が費用を全額負担して行うことになった。毒ガス弾の数は、最も多い吉林省ハルバ嶺で30万~40万発と推定されている。2012年4月までに処理しなければならないとされているが、実現は困難になっている。総事業費は数千億円に達する見込み。


中国拘束の4人、「フジタ」関係者か



フジタの4人も結局は民主党の失策のせい。麻生政権でやめていた廃棄兵器の処理問題を中国にシッポを振って再開したためにこういう結果になった。60兆とか言われている馬鹿げた金額を血税で放り込もうとしてこの結果。中国や韓国にいくら援助しても感謝などしない。日本を必要とする国はいくらもあるless than a minute ago via web



中国って凄い国だよな。何か国同士でいざこざがあったら、中国国内にいる相手国の人間はどうとでもして人質にできるし、戦争になったら相手国にいる中国人は国防動員法で戦闘員にできるし。凄いね~。軍拡+経済依存させるだけどころか、そこまで用意周到。less than a minute ago via TweetDeck




国防動員法って何?
関連 中国の国防動員法要旨



____________________________________________________________________

フジタ社員拘束現場?進入制限の軍施設標識なし

【石家荘(中国河北省)=関泰晴】中国河北省石家荘市で中堅ゼネコン「フジタ」社員の日本人4人が国家安全局に拘束された事件で、拘束現場とみられる市郊外の軍施設周辺では、24日、軍関係者らしい若者ら十数人が私服姿で警戒に当たり、道路も封鎖して、厳戒態勢を敷いていた。

 4人は、旧日本軍の遺棄化学兵器処理施設の建設予定地視察に訪れたとされる。地元住民の間では、「処理施設建設が間もなく始まるらしい」という情報が広まっていた。

 だが、民兵の倉庫などがあるという軍施設に通じる道路の入り口には、部外者の立ち入りを制限する軍事管理区域を示す標識は見当たらない。そこから200~300メートル進むと軍施設の門が見え、同区域を示す標識が出てくるという。

 視察中の4人が同区域の存在を意識せずに道路を進み、軍施設前まで入り込んだところで拘束された可能性もある。地元住民以外で軍施設の存在を知る人は少なく、これまでも勝手に入って簡単な注意を受けるケースがあったという。

 今回のように拘束に至った事例は、「聞いたことがない」と住民も驚く。付近の集落では日中、通行人も少なく、外国人がビデオカメラなどで撮影すると目立つため、住民が警察に通報した可能性もある。中国当局は24日現在、4人の所在について情報を明らかにしていない。

(2010年9月25日09時24分 読売新聞)

____________________________________________________________________

関連
尖閣 #senkaku 諸島の領有について #futenma タグにての議論

尖閣 #senkaku 諸島問題についてのアメリカ側の言及を巡る話






人気ブログランキングへ

関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[尖閣諸島]  thema:尖閣諸島問題 - genre:政治・経済
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/67-11b1e267
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。