気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
人間の鎖嘉手納包囲 1万5000人平和希求
人間の鎖嘉手納包囲 1万5000人平和希求
2007年5月14日

【中部】米空軍嘉手納基地の機能強化に反対するため「5・13嘉手納基地包囲行動」(主催・同実行委員会)
が13日午後行われた。1万5270人(主催者発表)が参加し、「人間の鎖」で同基地を取り囲んだ。
同基地の包囲行動は7年ぶり4回目。
一部でつながらない個所もあり、完全に包囲できなかったが、復帰から35年経過しても変わらない
基地の重圧を県内外に訴え、平和な島を求めた。

F22戦闘機の一時配備やパトリオット・ミサイルの配備など、機能強化が強まる嘉手納基地を包囲しようと
労働組合平和団体政党など10団体が実行委員会を結成して取り組んだ。

恒常的な騒音被害に悩む嘉手納町、北谷町、沖縄市など基地周辺の住民をはじめ、県内各地から
「人間の鎖」に加わり、17キロにわたる極東最大の軍事基地を囲んだ。
10日に始まった「5・15平和行進」に参加した県外からの参加者も加わった。

 当初の予定では1回目の包囲は午後3時15分だったが、つながらない場所が数カ所あったため、
30分遅れの同45分に基地に向かって手をつないだ。10分後の同55分に2度目の手をつないだ。
包囲行動で完全包囲できなかったのは今回が初めて。主催者によると7カ所でつながらない部分があった。

包囲行動を終えた実行委員会の崎山嗣幸共同代表は、事前の取り組みの弱さを反省しながらも、
1万5千人が結集したことを評価。
「県民の基地への負担感をアピールできた。大きな意義があった」と語った。
 前回の嘉手納基地包囲行動は、沖縄サミットが開催された2000年に行われ、約2万7千人が参加した。

____________________________________________________________________

oki_Chatanさん意見


嘉手納基地を「人間の鎖」で取り囲むという記事です。
人間の鎖については、全国的に有名なので、ご存知の方も多いでしょう。
この記事を注意深く読めば、以下の事が分ると思います。
「恒常的な騒音被害に悩む嘉手納町、北谷町、沖縄市など基地周辺の住民をはじめ、
県内各地から「人間の鎖」に加わり、17キロにわたる極東最大の軍事基地を囲んだ。」
この文の後に、事前の取り組みが甘く、鎖が繋がらなかったと記載されています。
この記事は、実際には、どう読めば良いのでしょうか。

実は、このような反基地闘争は公務員労組などの組織的な動員によって行われています。
決して、地元住民が自発的に参加しているのでは有りません。
もし、地元住民が多く参加しているなら、鎖が繋がらないなどという失敗はありません。
歩いてでも参加できますからね。
近くの住民はほとんど参加せず、遠くから来た人しか参加しないから失敗したのです。
なぜ、近くの一般住民が参加しないのか。その本当の理由を新聞は決して書きません。

____________________________________________________________________



私は、人間の鎖や、集会に一度も参加した事ないひとりです。

色つきの旗や「核マル」等の旗をみて気持ち悪さを感じます。

何度か鎖を見ましたが、遠くから冷たい視線を送っています。

2007年5月13日と言えば、日曜日です。それも午後3時ごろ。

のんびり屋の多い沖縄でも3時頃なら集まるでしょう。

基地の近くには、ご存知のように住宅街がひしめき合っているので

その気になれば、地域住民が参加するのでしょうが、米兵の事件が起きない限り

参加する住民もいませんね。

米兵の事件も集会や鎖等に利用されているようにも見えます。

「米兵が事件を起こしたぞ~。チャンス~」



関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/6-16356dfa
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。