気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
ひめゆりの塔事件
ひめゆりの塔事件(ひめゆりのとうじけん)とは、1975年7月17日に、沖縄県糸満市で発生した皇太子および同妃に対するテロ事件。知念功は、「火炎瓶処罰法」違反の現行犯で逮捕された。

____________________________________________________________________


皇室としての第二次世界大戦後初の沖縄県訪問に際し、ひめゆりの塔を訪問し献花しようとした皇太子および同妃に、新左翼党派・沖縄解放同盟準備会(沖解同(準))と共産主義者同盟(西田戦旗派)のメンバー2人が、潜伏していた洞窟(ひめゆりの壕)から火炎瓶を投げつけたテロ事件。皇太子および同妃や関係者に大きな怪我はなかった。


「私たちは沖縄の苦難の歴史を思い、沖縄戦における県民の傷跡を深く省み、平和への願いを未来につなぎ、ともどもに力をあわせて努力していきたいと思います。払われた尊い犠牲は、一時の行為や言葉によってあがなえるものではなく、人々が長い年月をかけて、これを記憶し、一人ひとり、深い内省の中にあって、この地に心を寄せ続けていくことをおいて考えられません。」(初めての沖縄ご訪問の折、ひめゆりの塔で火炎瓶事件があった夜に県民に対して発表されたメッセージ・昭和50年7月17日)


____________________________________________________________________

事件の背景
復帰後に開催された沖縄国際海洋博覧会に際して、皇太子および同妃(後の今上天皇と皇后)が沖縄県を訪問し、献花のために糸満市にあるひめゆりの塔を訪れることが伝えられた。これは皇族による第二次世界大戦後初めての沖縄訪問だった。

「沖縄人自身による沖縄解放」を掲げていた沖縄解放同盟準備会は、1975年初頭には「流血も辞さないたたかいで皇太子上陸を阻止する」と宣言し、「十五年戦争における大日本帝国による侵略・植民地主義弾劾」「沖縄戦における日本軍による住民虐殺弾劾」及び「(その最高責任者である)戦争犯罪人・ヒロヒトおよび、その代理人である皇太子を糾弾する」として、一ヶ月間の「皇太子上陸阻止闘争」を展開することを決定した。沖解同(準)は「前段闘争」として、6月18日に摩文仁の丘の日本軍慰霊塔に「日本軍の残虐行為を許さないぞ」、「皇太子沖縄上陸決死阻止」、「大和人は沖縄から出て行け」、「皇太子帰れ」などとペンキで感情的な落書きをした。

沖解同(準)は、最終的に7月10日に「『ひめゆりの壕』に潜伏し皇太子を待ち受け火炎瓶と爆竹を投擲する」という方針を決定し、同派メンバーの知念功と西田戦旗派のメンバーの2人が、県民からは「聖地」とも称される「ひめゆりの壕」に11日に潜入した。知念は、沖縄史ととりわけ沖縄戦の記録を読み漁ったあとに、壕に潜入したという。知念は、「この『闘争』は、皇太子および同妃の暗殺や殺傷が目的ではなく、皇太子及び皇族を『裁判闘争』に引き摺り出して『天皇制の戦争責任』を追及することを最終目的だったと主張」している。

また、屋良朝苗沖縄県知事の意向を受けた沖縄県労働組合協議会(県労協)は、幹部三役のみの会議によって「海洋博反対」、「皇太子訪沖反対」については取り組まないことを決定するが、アメリカ軍基地労働者で構成する全軍労(のちの全駐労)や自治労沖縄などの労組によって、海洋博会場付近および那覇市内、糸満市など沖縄南部などでの沖縄各地でのデモや、様々な業種での時限ストライキや抗議職場集会が実行され、延べ数万人が「皇太子訪沖反対」の意思表示を行なった。

____________________________________________________________________

警備
7月17日の皇太子到着当時、沖縄県警察本部は他県からの約1000人の応援部隊を含めて3700人の警察官による厳戒態勢を敷いていた。皇太子および同妃の訪問に先立ち沖縄県警察本部警備部は左翼活動家に対する視察をしていたが、左翼活動家の沖縄到着を見過ごしていた他、車載無線機を盗まれるなどの失態を見せた。さらに追尾していた公安警察官の車両が活動家の車両に追突事故を起こすという「珍事」もあった。

なお、警察庁から警備責任者として派遣されていた警備局警備課長の佐々淳行は、皇太子および同妃の訪問に先立ち地下壕内の安全確認を主張したものの、沖縄県警察本部担当者や沖縄県知事らに「『聖域』に土足で入るのは県民感情を逆なでする」と反対されたために実施できなかった。

____________________________________________________________________

事件の概要
正午頃、糸満市にある白銀病院に病気を偽装して「入院」していた「患者」と「見舞い客」に偽装した沖縄解放同盟準備会の活動家2人が、病院の下を通過する皇太子および同妃の車両に3階のベランダから「皇太子帰れ、天皇制反対」等と叫びながらガラス瓶やスパナ、石などを投擲し、警備車両を破損させた。2人は公務執行妨害の現行犯で逮捕された。なおこの際に、活動家の犯行を阻止しようとした同病院の医師らが活動家から暴行を受けた。

ラジオで地上の情報を聴いていた知念ら「ひめゆりの壕」の2人は、実況中継で午後1時5分頃に皇太子および同妃がひめゆりの塔に到着したことを知る。2人は地下壕に梯子を架けて、地上に這い出ると、皇太子の足元に向けて火炎瓶を投擲した。火炎瓶は献花台に直撃して炎上したが、皇太子妃が警察官に庇われて地面に倒れた際に打撲傷を負った以外は、皇太子および同妃に大きな怪我はなかった。





なお事件直後に皇太子は、まず案内役を務め同行していた「ひめゆり会」会長の身を案じて声をかけた他、事件の発生に動揺する警備担当者を処分しないように関係者に依頼し、その後のスケジュールを皇太子妃とともに予定通りこなした。

知念ら2人は「礼拝所不敬罪」(刑法第188条第1項)並びに「火炎瓶処罰法」違反の現行犯で逮捕された。なお、当時、取材に当たっていた地元紙沖縄タイムスの記者は、TBSの番組において「怪しい男がいたので注目していました」と発言し、スタジオの出演者からも「スクープですね」と絶賛されていたが、「怪しい男」の存在に気づいていたにも拘らず警察に通報しないことは批判を呼んだ。

((ひめゆりの塔は、沖縄戦当時、兵士の救護などに当たった女学生による、ひめゆり学徒隊を慰霊したもので、慰霊碑、納骨堂、そしてその真ん中に、ひめゆり学徒隊が毒ガスをまかれて、多数の死者を出した洞窟がある。 天皇、皇后両陛下はそこに花をささげられ、頭を下げられた。その瞬間、洞窟からヘルメットをかぶった、知念功ともうひとりの左翼が出てきて、陛下の足元に火炎瓶を投げつけた。 当然、天皇、皇后両陛下はSPによっていったん自動車へ避難された。しかし、すぐに両陛下は自動車から降り、再びひめゆりの塔に向かわれた。そして、両陛下の案内役をしていた、ひめゆり学徒隊の生存者のひとりのところに行き「お怪我はありませんでしたか」とおっしゃられた。

このひめゆり学徒隊生存者の案内役の人は、沖縄人として、天皇陛下に一言物申すつもりだったそうだ。しかし、いちばん最初に自分を気遣う両陛下を見て、考えが変わったそうある。))


____________________________________________________________________

裁判
裁判の結果、「ひめゆりの壕」の2人には懲役2年6ヶ月、「白銀病院」の2人には懲役1年6ヶ月の実刑をそれぞれに言い渡した(高裁で確定)。検察は、沖縄解放同盟準備会のそれまでの声明や機関紙、押収した文書等に「皇太子暗殺」を示唆するような表現がなく、状況証拠等も鑑みて「殺人未遂」での立件は見送った。判決文も4人の行為を「民主主義への挑戦」としたが、「皇太子夫妻の生命を脅かす害意があった」とする検察の主張は認定しなかった。

____________________________________________________________________

警備関係者への処分
皇太子からの警備関係者への処罰を行わないようにとの依頼はあったものの、加藤昌沖縄県警本部長は減給処分を科され、警備責任者である警察庁警備局警備課長の佐々は辞表を提出したものの受け取りを拒否された。しかし佐々はその後警備課長を解任され、三重県警本部長へ転任することとなった。

____________________________________________________________________

「ダッカ日航機ハイジャック事件」
1977年9月28日に、日本赤軍が、日航機をハイジャックし、バングラデシュのダッカ空港に着陸して9人の勾留中の者の釈放と身代金を要求する事件が発生(ダッカ事件)。9人の中に知念の名前もあった。

超法規的措置で勾留者を解放した日本政府は、知念にも事件を知らせ出国の意思を尋ねたところ、知念は刑務官に「出国の意思はない。日本赤軍には政治的・思想的な一致点は一切ない」「沖縄解放の闘いは沖縄を拠点に沖縄人自身が闘うべきものである」と返答し出国を拒否した。数日後、東アジア反日武装戦線の大道寺将司から知念のもとに「出国拒否は反革命的行為だ」と葉書が届いたが、知念は大道寺に「私は沖縄の地で沖縄解放闘争を闘う」と返事を書いたと言う。


____________________________________________________________________


南部戦跡の塔で、まさに体を二つに折られ、後ろで頭を下げた側近が途中で上げかかって、あわててまた下げたほど長い拝礼を繰り返された。それぞれの塔のゆかりの人たちの話を、ひたいをつけるようにして聞かれたが、三〇度を越す炎天下、二人ともしたたる汗をぬぐおうともされなかった。≫(『朝日新聞』昭和50年7月20日より)



関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[沖縄
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/42-53ad173a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。