気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
フェンス美化活動を通して沖縄とアメリカの人たちが親睦を深める
フェンス美化活動を通して沖縄とアメリカの人たちが親睦を深める

 【米海兵隊普天間航空基地】 普天間基地の野嵩(のだけ)ゲートを車で出入りする人々は、一週間を通してゴミが山積みに増えていくのが分かる。
そして金曜日になると大量のゴミがフェンス沿いに散らかっているのを目にする。

 沖縄の市民グループ、海兵隊、軍属のボランティアたちが日曜日の午前中にゴミを撤去するので、毎週月曜日になるとフェンスやその周りはきれいで、本来の状態に戻っている。

 フェンス沿いをきれいにするプロジェクトは2012年12月に市民の声かけで始まり、ボランティアたちはこの作業を通して親睦を深め、地元を美化する方法として用いている。

 フェンスをきれいにする活動のプロジェクト・マネージャーを務める手登根(てどこん)ボギーさんによると、「普天間基地のフェンスラインは宜野湾市の景色の一部です。私たちは基地内の人たちを良き隣人および友人だと考えているので、ゴミを置き去りにしておく場所ではないと思っています」

 普天間基地のゲート近辺では米軍基地に対してや沖縄県内で自分たちが関与している事柄に対する見解を述べる人たちの共通の集合場所となっている。一週間の内に段ボールのプラカード、赤い粘着テープ、赤いリボンの切れ端など様々なものがゲートのフェンスに結びつけられる。

 沖縄の人たちが増加したゴミの山に気づき、基地内で暮らす人々や基地に勤務している人たちへの感謝の気持ちを表してフェンスをきれいにし始めたと、沖縄オスプレイファンクラブ会長の宮城美香さんは説明しています。

 基地内の人たちもきれいになったフェンスに気づき、そのうち海兵隊員や軍属の人たちも沖縄の人たちと一緒になってボランティア活動に参加するようになりました。

 普天間基地のブレント・クック上級曹長は、「私は単なるボランティアとして沖縄の友人たちと一緒にフェンスをきれいにしているだけです。私たちが個人として好ましい行動を行い人々を結びつけていることを示せるので、日曜日の午前中を過ごすには素晴らしい方法ですし、宜野湾市のために行っていることなんです」と話しています。

 フェンスをきれいにする人々の数は増し、プロジェクトは単なる地域支援活動ではなく、友情の輪を広げ友情を育む良い場所になっているとこの活動を通して人々と出会うことを楽しみにしているクック上級曹長は説明しています。

 継続して行われている地域への貢献を通して、沖縄の人々、海兵隊員、軍属の人たちが引き続き日本で良い関係を育んでいます。

 手登根さんは最後に、「このプロジェクトを通して日米の友好関係向上に取り組んでいます。『友達』の本当の意味は、地元住民とアメリカの人たちが一緒に街をきれいにする活動などを通して友好関係を築くことだと思います。友情は良い環境を維持する最良の方法です」と話していました。


130411-fence (2)



130411-fence2.jpg

関連記事
Posted by おきっここ
comment:2   trackback:0
[未分類
comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/02 17:20 | | edit posted by
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/09/04 14:17 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/136-ce766607
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。