気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
全駐労沖縄(全駐留軍労働組合)
全駐留軍労働組合【ぜんちゅうりゅうぐんろうどうくみあい】
略称は全駐労。
在日米軍基地労働者の全国組織。
1946年全国進駐軍労働組合同盟として発足,1952年現名に改称。
1953年ころは組合員12万を結集。一般の労働組合と同等の権利を有するが,
日本政府による間接雇用の形をとっているため制約も多い。


<用語>全駐労沖縄
 在日米軍基地の日本人従業員でつくる労働組合「全駐留軍労働組合」の略称。
沖縄、長崎、山口、広島、神奈川、東京、青森の7地区本部と、
厚木、さがみ野、横須賀、空軍、マリン、ズケランの各支部で構成。
構成員は約1万6600人(沖縄県内約6500人)。
全駐労沖縄地区本部の前身は復帰運動の中核を担った全沖縄軍労働組合(全軍労)。
1978年全駐労に合流。
96年全沖縄駐留軍労働組合(その後沖縄駐留軍労働組合に改称)が分裂した。
使用主は米軍だが労働条件改善などの交渉は雇用主の防衛省と行う。
政治的には、民主党基軸を打ち出している。



関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[全駐労沖縄
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/13-c159d9ae
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。