気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
上海万博 日本人学生団への取材妨害
一転許可も1社限定=上海万博の訪中団取材―中国
時事通信 10月29日(金)20時29分

 【上海時事】日本の大学生ら約680人が参加する上海万博訪問団は29日、前日の万博会場に続き、市内の名所や大学などを訪問し、地元の学生ボランティアとの交流を続けた。中国側は前日、メディアによる訪問団取材を規制したが、この日は一転、日中それぞれ1社に限定して代表取材を認めた。
 中国国内で反日デモが相次ぐ中、中国側関係者は「参加者に万が一のことがあったら外交問題になる」と規制に理解を求めた。訪問団のバスは交通規制が敷かれる中をパトカーが先導したほか、夜には百貨店の営業時間を延長させて買い物の機会を設けるなど「VIP待遇」が続いた。
 一行は、上海のシンボルとなっているテレビ塔「東方明珠タワー」や上海博物館などを見学。参加者からは「連絡先も交換した。長い付き合いを続けたい」との声がある一方、「自由時間の外出さえ許してくれない。中国の人たちの生の声を聞きたいと思っていたのに残念だ」との不満も聞かれた。訪問団は3泊4日の日程を終え、30日に帰国する予定。 

____________________________________________________________________

上海万博 日本人学生団への取材妨害
産経新聞 10月29日(金)7時56分

 【上海=河崎真澄】中国の温家宝首相に招かれながら沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件後に中国側の要請で延期された「日本青年上海万博訪問団」の大学生ら約680人が28日、上海万博会場を訪れて中国館や日本館を参観した。

 しかし中国当局は私服警官などを配置して、訪問団に関する日本メディアの取材や写真撮影を露骨に妨害する行為を繰り返した。大学生らにも取材に応じないよう指示するなど警戒感をあらわにした。反日デモが続く中で、今回の日中交流事業を可能な限り目立たないようにしたい当局の意向を映し出した。また、日本メディアの上海万博の記者証の媒体名や氏名を入念にチェックするなど威嚇行為も行った。

 9月下旬に訪中予定だった訪問団は日本各地から27日に上海入り。大学生らは28日、開場前の午前8時から中国館を視察。専用バスに分乗して会場内を移動した。一般来場者に日本からの訪問団が目立たないようにする狙いがあったとみられる。

 中国側が招待した同日夜の歓迎レセプションも、日中両国のメディア関係者への招待を直前になって取り消して、非公開とした。


____________________________________________________________________

万博訪問団への取材を規制=日中交流事業、目立たせず―上海
時事通信 10月28日(木)17時44分

 【上海時事】中国側の招きで訪中した日本の上海万博訪問団は28日、万博会場で中国館や日本館などを見学した。しかし、中国側は一行に対する日本メディアの取材を規制し、訪問団参加者にも取材に応じないよう指示。中国で反日デモが続く中、今回の日中交流事業を目立たない形で進める姿勢をにじませた。
 中国漁船衝突事件の影響で9月下旬の訪中が延期されていた訪問団は27日に上海入り。大学生ら約680人は28日、開場前の午前8時から中国館を視察したほか、専用バスに分乗して会場内を移動するなど特別待遇を受けた。ただこれも、一般来場者との接触を極力避ける狙いがあるとみられる。
 同日夜の歓迎レセプションも、日中両国のメディア関係者への招待を取り消し、非公開とした。
 訪問団団長の菊田真紀子外務政務官は記者団に対し、「参加者は限られた時間の中で中国側の学生ボランティアと打ち解け、有意義だったと思う」と指摘。メディア対応については「取材・報道の自由は尊重されるべきで、事実関係を確認したい」と述べるにとどめた。


____________________________________________________________________

日本から万博訪問団が到着=延期で700人規模に縮小―中国・上海
時事通信 10月27日(水)12時36分

 【上海時事】日中関係悪化を受け延期されていた日本の上海万博訪問団(団長・菊田真紀子外務政務官)の第1陣約40人が27日午前(日本時間昼すぎ)、空路上海に到着した。訪問団には大学生を中心に宮城、長野、京都など17府県の代表合わせて約680人が参加予定。日程変更の影響で当初計画の1000人から規模は縮小した。
 万博訪問は中国の温家宝首相の提案に基づくもので、渡航費や宿泊代などは中国側が負担。当初は9月21~24日に実施予定だったが、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を受け、直前に中国側が延期を通告。今月上旬、中国側が一転して受け入れを表明し、10日から再度参加を募っていた。











関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[中国]  thema:中国問題 - genre:政治・経済
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/122-555e3b91
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。