気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
劉氏夫人の軟禁解除を=米
ノーベル賞歴代受賞者、劉氏の釈放求めG20首脳に書簡
CNN.co.jp 10月26日(火)16時33分

(CNN) 今年のノーベル平和賞を受賞する中国の民主活動家、劉暁波(リウ・シアオポー)氏の釈放を求め、カーター元米大統領ら過去の受賞者15人が25日、主要20カ国・地域(G20)首脳らに書簡を送った。

書簡にはチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世、ホロコースト体験をつづった作家エリ・ヴィーゼル氏、南アフリカのツツ元大主教らが署名。来月開催されるG20首脳会合の場で中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席に対し、服役中の劉氏を釈放することは望ましいばかりでなく必要であることを直接印象付けるよう、首脳らに要請している。

劉氏の受賞決定後、自宅に軟禁されている妻の劉霞さんについても釈放を求め、外部との自由な通信を可能にするよう訴えてほしいと述べている。書簡は「劉氏が釈放されれば、中国の目覚ましい変革を大きく印象付けることになるだろう」と結ばれている。

劉氏は中国の民主化を求める「08憲章」を起草した活動家。国家転覆を扇動した罪で懲役11年の実刑判決を受けた。中国外務省は、劉氏の受賞が平和賞を「汚す」などと非難。国営メディアも一斉に反発し、英字紙チャイナ・デーリーには、受賞決定は中国の台頭を押さえ込もうとする欧米の陰謀だとする論説が掲載された。



____________________________________________________________________

ノーベル賞委員長:「中国は世界人権宣言順守を」
2010年10月24日 21時21分【毎日新聞】

 【欧州総局】中国の民主活動家、劉暁波氏(54)にノーベル平和賞授与を決めた、ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長は、23日付の米ニューヨーク・タイムズ紙などに寄稿し、授賞決定で中国政府の反体制派への弾圧が強まり、かえって状況を悪化させたとの批判にこたえ「私たちは沈黙すべきでもないし、できない」と主張した。そのうえで「急速に発展する中国が今後、国際社会と調和したければ、まず自国民に表現の自由を保障しなければならない」と中国に姿勢転換を求めた。

 委員長は、中国政府が賞の授与を「内政干渉」と批判したことに反論。国家主権のあり方が国連創設や世界人権宣言など国際化の中で変化し「もはや国家には無制限な力はない」と指摘した。そのうえで「中国が民主国家でないにせよ、国連加盟国の中国は世界人権宣言を順守する義務を負う」とクギをさした。

 さらに普遍的な人権に基づく国際社会の中では「(政府と)異なる社会システムを支持する場合でも表現の自由を保障する義務がある」と述べた。

ノーベル賞委員会が、ソ連の反体制派サハロフ博士や公民権運動に取り組んだ米キング牧師に平和賞を授与した歴史に触れ、「(表現の自由の)権利こそ平和賞の授与でノーベル賞委が長く支えてきたものだ」と記した。

 中国の批判は「驚きはしない」としたうえで、授賞が逆効果だったとの批判に「(沈黙することは)基本的な人権を侵害する事態に陥りかねない」と反論。「どの国も(世界人権宣言を守る)国際的義務を無視する権利はない」と述べた。


____________________________________________________________________


劉氏はノーベル平和賞「受賞すべくして受賞」=ダライ・ラマ政府
2010/10/19(火) 13:39【サチーナ】

  ダライ・ラマを元首とするチベット亡命政府内閣は、中国人の劉暁波氏がノーベル平和賞受賞を祝い、「受賞すべくして受賞した」と評価する声明を発表した。

  声明は、劉氏のノーベル平和賞を受賞したことで、「最高の栄誉を同じ国民が受けたことを、中国人全体が誇りに思わねばならない」と主張。受賞は「中国国内の自由のために、同氏がなみなみならぬ貢献をしてきたことが、国際的にみとめられたあかし」、「中国の自由と民主化を求めて仲間らとともに、『08憲章』を起草し、比類ない勇気を示した」と、劉氏を評価した。

  声明は、劉氏がチベット問題にも関心を持ち、中道政策を支持していることにも触れ、「受賞すべくして受賞したノーベル平和賞を、12月10日の授賞式で、劉暁波氏ご自身が受け取れることを祈っています」との考えを示した。


____________________________________________________________________


劉氏夫人の軟禁解除を=米
2010/10/13-06:44【時事ドットコム】

 【ワシントン時事】クローリー米国務次官補(広報担当)は12日の記者会見で、ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏の妻、劉霞さんが軟禁状態になったと伝えられることに懸念を表明、劉霞さんの行動の自由を尊重するよう中国当局に訴えた。
 同次官補は「嫌がらせを受けずに自由に行動することが認められるべきだ」と指摘するとともに、「事態を注視している」と述べた。


____________________________________________________________________


【劉氏に平和賞】中国は「責任取るべきだ」 ノルウェー外相が抗議
2010.10.15 【産経ニュース】

 ノルウェーのストーレ外相は15日、中国の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授与決定に絡んで中国がノルウェーに対抗措置を取ったことに対し、中国は「責任を取るべきだ」と駐オスロ中国大使に抗議の意を示した。また、劉氏の釈放と、劉氏の妻、劉霞さんに対する軟禁の解除を求めた。中国の対抗措置に対するノルウェー政府高官の抗議は初めて。

 劉氏への授賞決定を受け中国は、ノルウェーの漁業・沿岸問題相との会合をキャンセルしたほか、ノルウェー政府高官による中国訪問などの交流を中止するなどしている。

 ストーレ外相は声明で「両国関係と両国の利益に悪影響を与える行動を取るという決断に対して中国は責任を取るべきだ」とした。(共同)


____________________________________________________________________

平和賞「独裁下の受賞者に価値」 亡命ウイグル主席が評価
2010/10/13 08:48【共同通信】

 【ワシントン共同】亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル主席が12日、米首都ワシントンで共同通信のインタビューに応じ、中国の民主活動家、劉暁波氏(54)のノーベル平和賞受賞決定について「独裁政権下にある人物の平和賞受賞は、大変価値がある。中国の民主主義と人権を前進させる上で重要な役割がある」と高く評価した。

 カーディル氏は、中国政府が新疆ウイグル自治区などでウイグル族を弾圧しているとして、ウイグル族の自由を求める活動を長年続け、今年も平和賞の有力候補者として名前が挙がっていた。受賞決定がウイグル族に好影響を与えるよう「とても期待している」と述べ、活動の追い風になるとの認識を示した。

 また今回の受賞決定は「中国の国民が民主主義と人権をどれほど強く求めているか、中国政府に分からせた」と強調。「現時点では今後の展開は予測できないが、中国の政策に必ず影響を与える」と指摘し、中国が民主化の道に進むことへの期待感を表明した。

 劉氏については「国際社会も釈放を求めており、即座に釈放されるべきだ」として、劉氏の無罪を強調、中国政府に早期の釈放を求めた。

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101301000119.html


ラビア・カーディル




____________________________________________________________________

ノーベル平和賞:中国知識人116人も劉氏らの釈放要求
2010年10月15日 23時18分【毎日新聞】

 【北京・浦松丈二】ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家で作家の劉暁波氏(54)ら政治犯の釈放を求める中国知識人たちの声明が15日、インターネット上に発表された。中国共産党第17期中央委員会第5回総会(5中全会)の開幕に合わせた改革派知識人グループの民主化要求とみられる。

 声明に連署したのは元社会科学院研究員の徐友漁氏ら学者、弁護士ら劉氏への平和賞授賞を支持する116人。声明は劉氏の妻劉霞さん(49)の簡易ブログ「ツイッター」にも掲載され、中国語だけでなく、英語と仏語、日本語に翻訳されている。

 声明は「今年の平和賞を中国の人権運動の代表的人物に授与することは正しい決定だ」と劉氏への授賞を評価し、中国当局に、12月にオスロで開催される平和賞授賞式に劉氏と妻劉霞さんを出席させるよう訴えている。声明はまた「温家宝総理は最近、政治体制改革への強い願望を表明しており、われわれはその実践に積極的に参与したいと考えている」と表明している。

____________________________________________________________________

劉暁波氏の釈放要求=天安門事件の遺族団体-中国
2010/10/12-20:18【時事通信】

 【北京時事】学生らの民主化要求運動が中国当局に武力制圧された1989年の天安門事件の犠牲者遺族でつくるグループ「天安門の母たち」のメンバーは12日、ノーベル平和賞授与が決まった獄中の民主活動家、劉暁波氏の無条件釈放を中国政府に求める声明を発表した。海外の民主派系サイトなどが伝えた。
 声明は「平和で理性的、非暴力の闘争を主張する劉氏の受賞決定は、われわれにとって大きな励まし」と喜びを表明。「中国の政治体制を平和的に転換するのに役立つ」と授与を決めたノーベル賞委員会に敬意を示した。



____________________________________________________________________

「司法制度尊重せず」と反論=平和賞授与で中国
2010/10/13-00:21【時事通信】

 【北京時事】中国外務省の馬朝旭報道局長は12日の定例会見で、中国で服役中の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授与を支持する国際社会の声に対し、「中国の司法制度を尊重していない。このような方法で中国の政治制度を変えようとたくらむのは間違いだ」と反論した。
 劉氏の受賞決定後、同省が会見するのは初めて。馬局長は、オバマ米大統領が劉氏の早期釈放を求めていることに関しても、「いかなる人物でも、いかなる方式でも中国の内政に干渉することに反対する」と不快感を示した。
 劉氏の妻、劉霞さんが中国当局により軟禁状態に置かれていることについては、「認識していない」として確認しなかった。
 劉氏が劉霞さんに授賞式への代理出席を託していることに関し、「罪人が何をすべきでないかは司法機関が決める」と述べ、認められないとの認識を示した。
 馬局長はまた、「ノルウェー政府はノーベル賞委員会の決定を支持し、両国関係を傷つけた。中国政府と国民には不満を表明する理由がある」と述べ、ノルウェー政府を批判した。
関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[ノーベル平和賞 -- 中国]  thema:中国問題 - genre:政治・経済
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/112-842e9d9c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。