気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
沖縄のチュチェ思想と反基地運動
産経新聞 2009年6月24日

沖縄のチュチェ思想と反基地運動

【侵食される守り 沖縄米軍基地】 (下)

 北朝鮮のミサイル発射準備で大騒ぎした今年3月、「日本チュチェ(主体)思想研究代表団」
による訪朝報告会が沖縄で行われた。
団長と研究会の全国連絡会長は実は沖縄で反戦平和運動を展開してきた一坪反戦地主だった。
この報告会がどこかで反基地運動と結びついているか、どうかはわからない。が、
いまや沖縄では反戦平和は表だった批判さえ許されなくなっている。

 日本キムイルソン主義研究会が今年4月に発行した雑誌「キムイルソン主義研究」(129号)に
「未来社会をさし示す朝鮮社会主義」と題する座談会が掲載された。

 出席者は2月12日から3月4日まで21日間にわたって訪朝したチュチェ思想研究訪朝団(6人)
団長の高良有政氏と副団長の仲村芳信氏。
さらに司会役には沖縄チュチェ思想研究会員で同全国連絡会会長の佐久川政一氏の姿もあった。

 その報告座談会を読むと、まず佐久川氏が「アメリカや日本は(人工衛星を)ミサイルと決めつけ、
反朝鮮キャンペーンをあおっています。こういう状況の中でチュチェ思想を広め、日朝友好を進めるものです」
とあいさつ、さらに「北朝鮮には失業者はいない。政治と人民が一体となった“理想国家”」
「外国の侵略をはねのける武力が不可欠」(仲村副団長)、
「世界中が不況の中で不況知らずの北朝鮮は100年に1度の奇跡」(高良団長)といった、
かつて共産圏国家でよくみかけられたプロパガンダ(宣伝)が続いた。


◆北朝鮮擁護
 佐久川氏は沖縄における反戦平和、そして反基地運動の中心的人物の一人で、
自身が学長だったこともある沖縄大学公式サイトでは
「憲法を専門としながら沖縄の地に根ざした平和運動を一貫して続けた」と紹介されている。
昭和57年、基地撤去を目指す団体として「一坪反戦地主会」が結成されると即座に参加した。

 一坪反戦地主会は沖縄の反基地運動、さらには反戦平和運動の中核で、結成当時のメンバーには
沖縄世論を動かすマスコミ幹部県幹部職員労組指導者大学教授といったそうそうたる顔ぶれが並んでいる。
その意味で反戦平和は沖縄知識人層を見事に縦断している。
例えば佐久川氏の場合、「普天間基地包囲大行動」実行委員長を平成10年、16年と2度も務め、
1万6千人(主催者発表)の大衆動員を成功させ、
12年の「カデナ(嘉手納)基地包囲行動」でも代表だった。

 では、沖縄の反戦平和が、その対極ともいえる核開発やミサイル実験に力を注ぐ
北朝鮮をなぜ擁護しなければならないのか。この疑問に対して佐久川氏は次のように答えた。

 「それは沖縄問題を考える上で(北朝鮮前国家主席の)金日成のチュチェ思想が非常に
参考になると考えたからです。
『沖縄と日米』『北朝鮮と日米』という類似性に気づくと非常にわかりやすい。
北朝鮮は主体的に植民地支配を脱した。
かつて大田(昌秀)知事は私たち学者を訪米団として派遣し、
そんな北朝鮮はアメリカにとって脅威ではないと説明して回ったことがあるほどだ…」


◆共通した認識
 大田氏は知事選で敗れた後、12年になって125人という大規模な朝鮮沖縄友好訪問団を組織した。
まるで一国を代表するかのような大訪朝団には秘書長役として一坪反戦地主の元沖縄タイムス労組委員長
県幹部らも多数参加した。

 当時の県教育文化資料センター事務局長の久高賢市氏は
「敵は社会主義国北朝鮮にあらず、脅威論を展開し軍事的緊張関係を継続させようと喧伝(けんでん)し、
沖縄の米軍基地を固定しようかとする輩(やから)にあるのだ」(月刊『日本の進路』12年6月号)と、
訪朝報告を興奮気味に書いている。

 沖縄が帝国主義の犠牲という位置づけ、さらには帝国主義国(日本)からの離脱(独立)の
是非が問われている点はまさにチュチェ思想を信じる知識人層に共通した認識といえる。
一坪反戦地主の一人で元沖縄タイムス論説委員川満信一氏は昭和55年、「琉球共和社会憲法C私案」を発表、
沖縄の日本からの自立を訴えて知識層に大きな反響を呼んだ。

だが、実際には独立運動が具体化したことはなく、問題はそうした機運が、緊急性を帯びる
「日本の守り」から目をそらしていることだろう。

チュチェ思想と反基地運動




人気ブログランキングへ



関連記事
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[チュチェ思想
comment
comment posting














 

trackback URL
http://okidokidoki.blog118.fc2.com/tb.php/11-239eb4d6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。