気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
多数のウイグル族男性が不明に 国際人権団体が調査報告書
「不公正な裁判で多数のウイグル族に死刑判決」 アムネスティが中国を批判
2010.5.27【産経ニュース】

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は27日、2010年版の年次報告を発表、中国新疆ウイグル自治区で09年7月に起きたウイグル族による大規模暴動の際の中国政府の対応について、公正さを欠いた裁判で多くのウイグル族に死刑判決を出し、9人の死刑を執行したなどと批判した。

 同報告の中国担当者は「暴動以降、ウイグル族の宗教(イスラム教)活動や言語教育に対する中国政府の規制が強まっている」と語った。

 同報告は、中国では「数十年にわたりウイグル族に対する差別や社会的な排斥」が存在したにもかかわらず、当局はウイグル族の活動家らに暴動の責任を負わせたと非難。当局は数百人の身柄を拘束、そのうち数十人は昨年末時点で行方が分からないとした。(共同)


「不公正な裁判で多数のウイグル族に死刑判決」 アムネスティが中国を批判


____________________________________________________________________

多数のウイグル族男性が不明に 国際人権団体が調査報告書
2009.10.21【産経ニュース】

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニューヨーク)は21日、中国新疆ウイグル自治区ウルムチで7月に起きた大規模暴動に絡み、多くのウイグル族の男性が当局によって拘束され、依然として行方不明になっているとする調査報告書を発表した。

 報告書は、暴動の翌日と翌々日の2日間に拘束された43人の若者が、いまだに行方不明だとした上で「調査結果は氷山の一角にすぎない」と、さらに多数の行方不明者がいると指摘。

 拘束時には、武装警察隊員らが周辺を封鎖した上で家宅捜索し、若者を見つけると全員をトラックに乗せて連れ去ったケースもあったという。同団体は「家族も、生きているか死んでいるかすら分からない状況。中国政府が法を守っていない証拠だ」と強く批判した。(共同)


多数のウイグル族男性が不明に 国際人権団体が調査報告書

スポンサーサイト
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[中国]  thema:中国問題 - genre:政治・経済
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。