気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
沖縄の人が性犯罪を起こすのはニュースにならないが、米軍関係者が性犯罪を起こすとニュースになる
米軍人による性犯罪報道に意見する   友寄 永三
投稿 · 2012年11月  八重山日報

 沖縄県警が発表した資料によると沖縄県民による性犯罪は、今年9月だけで21件起きているそうです、内訳は被害者の内7人が高校生、14人が中学生です。この資料はあくまでも未成年者のみを対象にした資料なので成年者を含めると数はもっと増えると思われます。

 しかし、未成年者が被害者でもこれだけ多くの性犯罪があるのにそれの報道はほとんどなく(新聞の隅に小さく載るだけ)、米軍人の性犯罪に対しては、新聞、ラジオ、テレビ、議会あらゆる場所で抗議の声が上がるのは何故でしょうか?

 一般的に多くの人が米軍人の性犯罪があまりにも多いから仕方ない事だと考えているのかもしれません。ところが2009年からの3年間で米軍人による性犯罪は1件も起きていないのです。意外に思われると思いますが、過去16年さかのぼっても年平均1件の犯罪率なのです。

 つまり、反米思想の沖縄マスコミの印象操作によって米軍人の性犯罪が多いと思わされているのです。米軍人のトラブルはすぐにニュースになるのですが、よく調べるとそうでなかったというケースが殆どです。ちゃんと調べがついてなくとも米軍人の事件ならすぐにニュースで流してもいいと言わんばかりです。

 今年10月に起きた女性に対する米軍人による暴行事件で沖縄中の報道機関が一斉に声を上げ、新聞は何日も1面トップで報道し続け、テレビは何度も放送し、ほとんどの議会で抗議決議文を採択する姿勢は異常にも見えました。全体主義の島沖縄を印象づけた感さえあります。このように書くと、その事件を軽く考えていると思われるかもしれませんが、私が主張したいのは、先に挙げた沖縄県民の起こした性犯罪の報道と比べてどうかという事です。


どうして犯人が沖縄県民ならマスコミは目をつぶるのでしょうか?沖縄県民の犯罪は許せて、米軍人の犯罪は許せないというのでしょうか?それこそ沖縄のマスコミが常に批判している差別なのではないでしょうか?加害者が誰かによって報道に差が出るのは、報道姿勢としておかしいと言いたいのです。

 米軍人の4年に1度の事件をあれほど報道するなら、沖縄県民の犯罪によって、月に21件それも未成年者が性犯罪に巻き込まれている事をもっと報道しなければならないと思うのは私だけではないと思います。

 ある人が言いました「犬は人をかんでもニュースにならないが、人が犬をかめばニュースになる」と沖縄の人が性犯罪を起こすのはニュースにならないが、(よくあるから)米軍関係者が性犯罪を起こすとニュースになる、(ほとんどないから)と揶揄されてもしょうがない気がします。沖縄のマスコミにはいいかげんに反米親中の偏向報道はやめて、県民に公正公平な真実の報道をしてほしいものです。マスコミのイメージ操作により沖縄県民を間違ったほうへミスリードしてしまいます。


 アメリカには、大統領選の討論会や政策などで大統領候補者が言った言葉をチェックするファクトチェッカーという機関があるそうですが、本来ならマスコミにはそういう間違いを正す役割を果たして頂きたいものだと思います。



スポンサーサイト
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地]  thema:気になるニュース - genre:ニュース
嘉手納基地見ず…食事や土産探し 沖縄基地問題議員懇
嘉手納基地見ず…食事や土産探し 沖縄基地問題議員懇
2010年8月28日

【嘉手納】27日に道の駅かでなから嘉手納基地を視察予定だった沖縄等米軍基地問題議員懇談会(会長・川内博史民主党衆院議員)のメンバーのほとんどが「飛行機の時間」を理由に騒音被害が激しい嘉手納基地を直接見ずに沖縄を去った。ところが「時間がない」はずなのに、道の駅内のレストランで食事したり、中には土産品店に立ち寄る議員も。基地被害の実態を知り、基地問題解決を、と意気込んでいたはずだが、道の駅での行動には視察自体の意義が問われそうだ。
 懇談会のメンバーはこの日、午前11時半ごろ道の駅を訪れ、嘉手納町職員から基地の概要などを1階の休憩所で30分程度聞く予定だった。日程が押したため、説明会は10分程度に短縮された。説明会を短縮したにもかかわらず、懇談会メンバーは説明会後、道の駅2階のレストランで食事をした。
 道の駅に集まった報道陣は説明会後、4階の展望場で懇談会メンバーを待ったが、展望場に来たのは15人中、川内会長を含めてわずか3人。その他の議員はそのままバスに乗り込んだ。


嘉手納基地見ず…食事や土産探し 沖縄基地問題議員懇


____________________________________________________________________



県民と一体になって、基地問題をグアム・テニアン移設で決着させ、更に沖縄の地域振興・経済振興も成功させる。それがぼくたちと県民との約束なのだ。あらためて原点を確認することができた、訪問であった。less than a minute ago via web




時間ない筈なのに、道の駅内のレストランで食事したり土産品店に立ちよった議員の方々は、どのように原点を確認したんですか。 #futenma #Okinawa http://bit.ly/cGkUKx RT @kawauchihiroshi http://bit.ly/cnBwHUless than a minute ago via web



Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地]  thema:民主党 - genre:政治・経済
4 【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】(上)教員が県民大会に生徒を「動員」4/4
【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】(上)教員が県民大会に生徒を「動員」
4/4

2010.7.7

このほか、『蛍の光』『荒城の月』『母さんの歌』『赤とんぼ』『月の砂漠』『雪のふる町を』『静かな湖畔』『大きなくりの木の下で』『通りゃんせ』『木曽節』などの童謡や民謡も数多く盛り込まれた。

 前述の校長経験者は「とにかく本土に対する強い思いから、復帰を心の底から願っていた。
海上で復帰運動をしたり、トラックの荷台に椅子(いす)を並べ、
そこに座って日の丸を振って運動したりしたことを、今でも思いだす」と話す。

 ところが、関係者によると、沖縄の本土復帰前年の46年9月、教職員会は解散に追い込まれ、
沖教組が結成された。沖教組は47年5月の沖縄の本土復帰を経て
49年に米軍基地撤去などを求める闘争を全国的に展開するため日教組に正式加盟し、
組織的に反米軍基地闘争や反日運動を開始した。
同時に、子供たちに対し、反日教育を徹底して行うようになったという。

 教職員会が果たしてきた使命に終止符が打たれ、
県民に反日イデオロギーを刷り込む「機関」と化した。

 当然のように、教員たちは日の丸を掲揚しなくなった。

教職員会の愛唱歌だった『前進歌』の
4番の歌詞「友よ仰げ日の丸の旗/地軸ゆるがせわれらの前進歌/前進前進前進前進輝く前進だ/足並がひとりでに自然に揃(そろ)う/だれも皆心から楽しいからだ」も削除された。
沖教組にとって「仰げ日の丸の旗」は“許されない歌詞”だった。






人気ブログランキングへ

Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地]  thema:沖縄 - genre:地域情報
3 【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】(上)教員が県民大会に生徒を「動員」3/4
【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】(上)教員が県民大会に生徒を「動員」
3/4

2010.7.7

戦後、米軍統治下にあった沖縄で、県民は一丸となって本土復帰運動に取り組んだ。
その先頭に立ったのが教員たちだった。

 沖教組のホームページや県教育委員会関係者によると、
沖教組の前身は「荒れ果てた戦禍を取り戻すには教育にしかず」を合言葉に
昭和22年に発足した「沖縄教育連合会」である。
27年に「沖縄教職員会」と改称されたこの組織は、「日本人なのだから日本の教科書を使おう」と、
東京から教材を“輸入”するほど親本土、親日本派だった。

 本土復帰前から教員で、沖縄教職員会のメンバーだった高校の校長経験者はこう振り返る。

 「われわれにとって日の丸は国旗で、君が代は国歌。
教職員全員が率先して日の丸を掲揚し、君が代を斉唱した。
日の丸のない家庭には教職員会で販売し、掲揚する竿(さお)のない家庭にはそれを提供した。
教職員全員が日の丸と君が代を尊重し、本土復帰を目指した」

 沖縄教職員会は35年に「明るく楽しい歌声とともに、時代を担う子どもたちがすこやかに育つように」
という願いを込めて、愛唱歌集を作成した。
そこに紹介された楽曲には、当時の教員たちの本土復帰への熱い思いが伝わってくる。

 例えば、『祖国への歌』の歌詞の一部はこうだ。

 〈この空は祖国に続く/この海は祖国に続く/母なる祖国わが日本/きけ一億のはらからよ/この血の中に日本の歴史が流れてる/日本の心が生きている〉

 〈この山も祖国と同じ/この川も祖国と同じ/母なる祖国わが日本/きけ一億のはらからよ/この血の中で日本の若さがほどばしる/日本の未来がこだまする〉





人気ブログランキングへ

Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地]  thema:沖縄 - genre:地域情報
2 【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】(上)教員が県民大会に生徒を「動員」2/4
【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】(上)教員が県民大会に生徒を「動員」
(2/4ページ)

2010.7.7

普天間問題を抱える沖縄県では、昭和20年の地上戦の悲劇を根拠に
反米基地闘争と反日運動が展開されている。
背後には、沖教組と沖縄県高等学校障害児学校教職員組合(高教組)の姿が見える。
沖縄の子供から日本人の誇りとアイデンティティーを奪う両教組の実態をリポートする。

 「(沖縄県)読谷村(よみたんそん)までの交通費やガソリン代は組合から支給されるので、
みんなで大会に参加しよう」

 「参加した先生は氏名の報告をお願いします」

 30代の県立高校教員によると、普天間飛行場の県内移設反対を訴える4月25日の県民大会の直前、
学校で毎朝開かれている職員会の後、男性教員からしきりに勧誘されたという。

 この教員は参加を見送ったが、
「言われるままに県民大会に参加した若い先生も多い。別の高校では、教員が『取材だ』と称して、
写真部の生徒を動員したという話も聞いた」という。

 「昨年、普天間飛行場の県内移設反対の署名運動に誘われた。県民大会前には『是非参加しましょう』
という文書が校内で回覧された」。
同飛行場にほど近い中学校の40歳代の教員も、こう打ち明ける。

 「普天間飛行場の県内移設反対運動の主導的役割を果たしているのは、
沖縄県教職員組合(沖教組)や沖縄県高等学校障害児学校教職員組合(高教組)だ」

 70歳代の元県立高校校長の男性はこう断じる。

 「県内移設反対運動には60年安保闘争の亡霊が乗り移っている。
自虐史観による反日教育を繰り広げる沖教組と高教組が、
悲惨な地上戦を経験した県民の心に潜在する被害者意識をあおって反米軍基地運動に利用し、
反日・反米闘争を激化させている」





人気ブログランキングへ

Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[米軍基地]  thema:沖縄 - genre:地域情報
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。