気になる事を保存しておく 私の引き出し。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by おきっここ
 
[スポンサー広告
米中「貿易戦争」を覚悟せよ
米下院が対中制裁法案可決=人民元安に対応―相殺関税可能に
時事通信 9月30日(木)

【ワシントン時事】米下院は29日の本会議で、人民元相場の上昇を抑制する中国に対する制裁法案を賛成348、反対79の賛成多数で可決した。今後、上院での採決や大統領の署名が必要だが、成立すれば、中国製品に対する相殺関税の導入が可能となり、既に貿易摩擦が顕著な両国間の緊張がさらに高まりそうだ。
 中国は6月に人民元相場の弾力化を表明したものの、これまでの上昇幅は2%程度にとどまっている。米議会では、中国が大規模な市場介入によって人民元の上昇を抑えている結果、貿易で不利になる米国の産業や景気に大きな打撃が及んでいるとの批判が高まっている。この日の採決では野党共和党議員も半数以上が賛成に回った。 




____________________________________________________________________

米中「貿易戦争」を覚悟せよ
ニューズウィーク日本版 9月29日(水)

米下院で対中制裁法案が可決されれば報復合戦は避けられないが、中国の横暴を許してはならない

ロバート・サミュエルソン(本誌コラムニスト)

 スムート・ホーリー法の歴史を知っている人なら、間もなく米中貿易戦争が勃発すると聞いて平常心ではいられないだろう。1930年、米フーバー政権は国内農業を守るため、外国からの輸入品の関税を記録的な水準に引き上げるスムート・ホーリー法を施行。諸外国が報復措置としてアメリカの輸出品に高い関税をかけたため、世界経済は停滞した。

 米中は今、当時のような貿易戦争に向かって突き進んでいる。しかも、貿易戦争が勃発したほうがプラスになる可能性が高い。

 スムート・ホーリー法は世界大恐慌を引き起こした直接の原因ではないが、世界的な報復合戦を招き、大恐慌をさらに深刻化させたのは確かだ。グローバル経済の回復が完全でないなか、人民元の切り上げを拒む中国に対してアメリカが対抗措置を取れば、かつてと同じ報復合戦を招くかもしれない。そして不幸なことに、アメリカはこのリスクを冒す必要がある。

 この10年間で中国は広大な貧困国から経済大国に変貌を遂げた。一人当たりの国民所得は(2009年は6600ドル)はアメリカ(4万6400ドル)の7分の1だが、その経済規模がグローバル経済に与える影響は増す一方だ。今年のGDP(国内総生産)は、日本を抜いて世界2位。09年には輸出額でドイツを抜いて世界一になり、世界最大のエネルギー消費国でもある。

 問題は、中国が世界経済の基本原則を本気で受け入れる気がないこと。国益にかなう場合には世界共通ルールに従うが、国益に反するときはルールを拒んだり、変更したり、無視したりする。アメリカを含むすべての国が中国のように振舞いたいし、実際にルール違反を試みた国も多い。ただし、そうした国が中国と違うのは、自国の短期的な利益を犠牲にする必要がある共通ルールの正当性を認めていること。しかも、中国ほど巨大な国がルール違反を犯した例はない。小国がルールを破っても、世界経済全体を脅かすことはないのだ。

■中国の為替政策で350万人の雇用が消えた?

 中国の身勝手な振る舞いの最たる例は、人民元の価値を過小評価し、輸出主導の経済成長を促進していることだ。とばっちりを受けているのはアメリカだけではない。安値で輸出し、高値で輸入する中国は、ブラジルからインドまで多くの国の経済を傷つけている。06~10年にかけて、世界の輸出額における中国の割合は7%から10%に急増した。

 アメリカの歴代大統領は長年、人民元相場を見直して輸出競争力を低下させるよう中国に求めてきた。だが中国は、国内消費の強化の必要性は認めつつも、輸出に影響を及ぼさない範囲でしか人民元相場を上昇させないつもりのようだ。

 中国は05年半ばから08年半ばにかけて人民元相場を約20%上昇させる為替レート改革を行ったが、その大部分は生産性向上によるコスト削減によって埋め合わせ可能だった。しかも、経済危機が勃発すると、この改革さえ中止。最近になってようやく人民元の上昇を再び認めたが、為替レートはほとんど動いていない。

 人民元がどれほど過少評価され、それによって何人のアメリカ人が職を失ったかを示す明確な数字はない。だがピーターソン国際経済研究所によれば、人民元相場が20%上昇すれば、2~3年で30~70万人のアメリカ人の雇用が創出されるという。

 リベラル系シンクタンクの経済政策研究所のエコノミスト、ロバート・スコットは、アメリカが対中貿易を行ってきたせいで350万人の雇用が失われたと推定する。この数字は大げさすぎるかもしれない。中国製品の輸入を止めれば代わりにアメリカ国産品が消費されるという前提に立っているが、実際には他国からの輸入品に取って代わられる可能性があるからだ。それでも、経済危機で職を失った総計840万人より小さな数字ではある。

 中国が人民元の切り上げに応じなければ、報復という選択肢が浮上する。中国もボーイングやエアバスの購入を控え、アメリカ産大豆の代わりにブラジル産を輸入するようになるだろうから、いよいよ貿易戦争が勃発するかもしれない。

 ティム・リアン下院議員(民主党)とティム・マーフィー下院議員(共和党)は、中国の為替操作は事実上の輸出補助金に相当するとして「報復関税」の課税を認める法案を提出した。経済学的にはもっともな主張だが、WTO(世界貿易機関)に不当と退けられる可能性はある。

 米下院歳入委員会は9月24日、報復関税を含む対中制裁法案を可決した。今週にも下院本議会を通過するかもしれない。

■アメリカの報復は保護主義とは違う

 米議会の動きが圧力となって、中国が大幅な人民元切り上げに踏み切れば理想的だが、より現実的なシナリオは、スムート・ホーリー法の再現だろう。不安定な世界経済にとっては最悪のタイミングで2つの超大国が対立することになるが。

 各国で経済ナショナリズムが台頭すればコントロールするのは難しいかもしれないが、当時と今とでは大きな違いがある。スムート・ホーリー法は、アメリカの露骨な保護主義の表れだった。多くの製品の関税が引き上げられ、多くの国が報復措置に出た。一方、今回のアメリカの行動は中国の保護主義を阻止するためのものだ。

 第2次大戦後の通商体制は相互利益の原則に基づいており、完璧でないとはいえ、その原則は守られてきた。だが中国は、自国のニーズに合わせた通商体制を望んでいる。共産党の権力維持に必要な雇用を支える巨大な輸出市場、石油や食材、その他の重要な原材料の供給源の独占、テクノロジーでの優位性というニーズだ。諸外国の経済の成否は、中国の国益への貢献度によって決まる。

 いま対立しているのは、世界秩序に関する2つの考え方だ。旧来の秩序を作り上げ、守ってきたアメリカは、おぞましい選択に直面している。中国の野望に抵抗して、誰もが敗者となる貿易戦争を始めるリスクをとるか、あるいは何も手を打たず、中国に新たな通商体制を構築させるのか。

 前者は危険を伴う。だが、後者は世界を破滅させるかもしれない。



尖閣諸島沖での日中対立について - リアリズムと防衛を学ぶ

軍隊のない国は、なぜ非武装でいられるのか? - リアリズムと防衛を学ぶ

尖閣諸島の領有権についての基本見解 -- 外務省

中国に支払われたODA -- 外務省






スポンサーサイト
Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[ニュース:国際]  thema:政治・経済・社会問題なんでも - genre:政治・経済
レアメタル開発で協力 モンゴル首相が日本に要請
レアメタル開発で協力 モンゴル首相が日本に要請
2010年9月25日


【ニューヨーク=高山晶一】菅直人首相は二十四日午前(日本時間二十五日未明)、ニューヨーク市内でモンゴルのバトボルド首相と会談した。バトボルド首相は、レアメタル(希少金属)資源の開発で日本の協力を要請。菅首相も「ビジネス環境の一層の整備が重要だ」と応じ、両首脳は協力を進めることで一致した。

 また、菅首相は、モンゴル出身の横綱・白鵬関が六十連勝を達成したことに祝意を伝えた。バトボルド首相は「モンゴル人力士の活躍は、日本でのモンゴルに関する理解促進に大きく貢献している」と述べた。


____________________________________________________________________


関連
中国がレアアース輸出規制したって怖くない理由






人気ブログランキングへ

Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[ニュース:国際
きょう首脳会談 「南シナ海」焦点 米の関与嫌う中国
きょう首脳会談 「南シナ海」焦点 米の関与嫌う中国
2010.9.23

■当事国間の平和的解決を主張

 【北京=川越一】沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖で起きた中国漁船衝突事件により日中関係が悪化する中、中国の温家宝首相は23日、訪問先のニューヨークでオバマ米大統領と会談する。米国は、尖閣諸島を「日米安全保障条約の適用対象」と位置づけているうえ、中国が「核心的利益」とみなす南シナ海への関与姿勢も強めている。日、米、東南アジア諸国による対中包囲網の形成を阻みたい温首相としては、中国国内の強硬世論をにらみつつ、微妙なかじ取りを迫られそうだ。

 温首相とオバマ大統領との会談では、過小評価されている人民元相場問題や、北朝鮮、イラン問題も協議される見通し。

 会談を前に、中国外務省の姜瑜報道官は21日の定例記者会見で、東シナ海の尖閣諸島と同様、南シナ海に浮かぶ諸島や周辺海域についても、中国が「争いのない主権」を有していると強調。当事国間の友好的な協議による平和的解決を主張した。つまり、当事国ではない米国は介入するな-というシグナルである。

 今年に入って南シナ海を台湾、チベット、新疆ウイグル自治区と並ぶ、自国の領土保全などにかかわる「核心的利益」と呼ぶようになった中国にとって、目障りなのは米国の存在だ。

 米国は、クリントン国務長官が7月、ベトナムで行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)の閣僚会議で、「南シナ海の航行の自由は米国の国家利益だ」と発言。航行権をたてに、南シナ海への関与姿勢を打ち出した。米国の本音は、同海域で軍事活動を活発化させ、海洋権益の獲得を推し進める中国への警戒を強めることにある。

 オバマ大統領が、温首相との会談の翌24日に主宰する米・ASEAN首脳会議では、南シナ海への米国の関与強化が共同声明に盛り込まれるかが焦点となる。オバマ大統領としては、ASEAN首脳と会議をすること自体、中国への牽制(けんせい)を狙ったものだ。

 これに対し、温家宝首相は23日のオバマ大統領との会談などを通じ、南、東シナ海の領有権問題における従来からの中国の主張を繰り返しつつ、米側に“不関与”を促すものとみられる。温首相がどのようなボールを投げ込むのか、反日で沸き立つ中国国内も注視しているだけに、引き続き“弱腰”の姿勢をみせるわけにはいかない、という事情もある。


きょう首脳会談 「南シナ海」焦点 米の関与嫌う中国 (1/2ページ)

きょう首脳会談 「南シナ海」焦点 米の関与嫌う中国 (2/2ページ)


水面下ではアメリカによるけん制の動き



中国による周辺海域への勢力拡大の動きで波高高まる東アジアの海、水面下ではアメリカ­によるけん制の動きも出ています。
日本に飛来した巨大爆撃機や大型無人偵察機のグアム配備の狙いを読み解きました。
中国外務省の姜瑜副報道局長は、「中国は領有権に関して、ためらうことはないと強調し­ておく」と語った。
依然として、尖閣諸島の領有を強硬に主張する中国による日本への圧力がエスカレートし­つつあった17日、雲間を縫い、青森県の三沢基地にアメリカ空軍最大の爆撃機が飛来し­た。
B-52Hは、翼から翼の幅は56メートル余りの大型爆撃機で、爆弾などの搭載量は3­1トンを超える。
B-52Hは空中発射型で、射程2,000km以上の巡航ミサイルを20発以上搭載す­る能力を持つ。
こうした大型爆撃機が、日本にやって来た意味とは。
軍事評論家の岡部 いさく氏は、「中国へのけん制っていうことになるんじゃないですかね。この搭載するA­GM-86C巡航ミサイルの射程、これは正確には不明なんですけども、それだと日本周­辺から中国の内陸の一部まで届くことになるわけですから」と語った。
岡部氏によれば、実は領土・領海に関する中国側の強硬姿勢は、日本に対するものだけで­はないという。
軍事評論家の岡部 いさく氏は、「中国はことしの6月には、南シナ海の方で、やはりだ捕された漁船をめぐ­って、インドネシア海軍と一触即発の状態になっているんですよね」と語った。
その時、インドネシア海軍に圧力を加えたのが、「漁政311」という船で、中国で「漁­業監視船」と呼ばれている。
中国の農業省南海区行政局長は、「これからわれわれは、南沙海域の警戒や保護に力を入­れることを決めた。さらに多くの漁業監視船を派遣する」と話した。
南シナ海でスプラトリー諸島などの帰属をめぐって、東南アジア諸国と摩擦を抱えている­中国。
軍事評論家の岡部 いさく氏は、「この漁政311は、以前は中国海軍南海艦隊の潜水艦救難艦、つまり元は­軍艦の一種だったわけです。中国は今、海軍力を増強していて、その一方で、こういう元­軍艦を漁業監視船などに転用して、海洋権益の確保と拡大に努めているということなんで­すよね」と語った。
近年の中国海軍の増強とともに、こうした東シナ海や南シナ海での中国の行動をアメリカ­はどう見ていたのか。
中国漁船の衝突事件が起こる以前の8月16日、アメリカはこんな見解を示していた。
アメリカ国務省のクローリー次官補は、「安保条約は日本の施政権下にある領域に適用さ­れる。(安保)条約が尖閣諸島に適用されるかと問われれば、その答えは『Yes』だ」­と語った。
さらに9月、アメリカの最新鋭長距離無人偵察機「グローバルホーク」がグアム島に配備­された。
最大飛行時間は36時間以上、100km先の移動目標を探知できるレーダーも搭載して­いる。
巡航ミサイルを多数搭載できる大型爆撃機の日本への飛来、そして長距離無人偵察機のグ­アムへの配備、アメリカの意図とは。
軍事評論家の岡部 いさく氏は、「アメリカは、今のこの中国の海洋権益拡大の動きに対して、これを自分に­対抗する動きとしてとらえ、これを監視するとともに、対抗手段があるということを見せ­ようとしているようですね。ひょっとすると、この日中関係のきしみというのも、米中関­係という大きな動きの一部分なのかなという気もしてきます」と語った。


____________________________________________________________________




人気ブログランキングへ







Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[ニュース:国際]  thema:尖閣諸島問題 - genre:政治・経済
鼻のない女性の写真に論議沸騰 米誌タイム掲載
鼻のない女性の写真に論議沸騰 米誌タイム掲載 タリバンの現実? 商業主義?
2010.8.6 18:15

【ワシントン=犬塚陽介】
米誌タイムが表紙に掲載した鼻のないアフガニスタン人女性の写真が、
米国とアフガン両国で論議を呼んでいる。
この女性は家庭内暴力から逃走して連れ戻され、夫に恥をかかせたとして、イスラム原理主義組織タリバン
命令で鼻と耳を切り落とされた。
アフガンの現実を物語る1枚だとして称賛の声が上がる一方、単なる商業主義に過ぎないといった
批判も出ている。

 「もしわれわれがアフガンから撤退すれば、何が起きるだろうか」

 8月9日号のタイム誌の表紙は女性にキャプションを添え、アフガンの現状に懸念を示した。

 記事によると、女性は12歳のころ両親からタリバン兵士に引き渡され結婚。

暴力を苦に18歳で逃走したが捕らえられ、タリバン司令官の命令で鼻と耳を夫に切り落とされた。
現在は女性団体に保護され、近く米国で整形手術を受ける。

 衝撃的な写真はメディアやインターネット上で盛んに取り上げられている。
タイム誌のサイトだけでも、すでに数百件の賛否両論が寄せられている。

 5日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、アフガン女性の置かれた厳しい現実をカブール発で伝えた上で、
「アフガンの現実を写している」との肯定論と、米軍駐留を正当化する「感情面での恐喝」との否定論を
併せて掲載した。

 タイム誌のリチャード・ステンゲル編集長はAP通信に対し
「さまざまな議論が起こることを、われわれは望んでいた」と語った。

鼻のない女性の写真




____________________________________________________________________

家庭内暴力で逃げたら鼻と耳を切り落とす国がある。

イスラム原理主義組織タリバンの命令で、妻に対してです。

妻は夫の求めを拒めない アフガン新法に国内外から批判」の海外ニュースがありましたが

それによると、

1:アフガニスタンで、イスラム教シーア派の女性は、4日に1度の夫との性交渉を拒否できない

  とする法が議会を通過した。

2:妻の外出には夫の許可が必要とする条項があった。

上記の法律はシーア派に定めているらしく、スンニ派は違うのかもしれないが

女性を軽視した男性の所有物のような法律が作られている。

「タイム紙」に掲載されたことはある意味意義のある事だと思う。






人気ブログランキングへ

Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[ニュース:国際]  thema:海外ニュース - genre:ニュース
メキシコ湾原油流出事故・オイル汚染経緯のアニメーション
2010 Gulf of Mexico Oil Spill アニメーション 

メキシコ湾原油流出事故のオイルの移動する範囲・流れ
海岸線が汚染されていく経緯が見られるアニメーションです。

____________________________________________________________________


oil-spill


2010年メキシコ湾原油流出事故

メキシコ湾原油流出事故


2010年メキシコ湾原油流出事故は、2010年4月20日にアメリカ合衆国ルイジアナ州の
メキシコ湾沖合80kmで操業していたBPの石油掘削施設(石油プラットフォーム)
「ディープウォーター・ホライズン」が爆発し、海底1,522mへ伸びる深さ5500mの掘削パイプが折れて
海底油田から大量の原油がメキシコ湾全体へと流出した事故。

原油流出量はBP社発表によると1日15000キロリットルと推定される。
その後修正され、7月16日までの総流出量は約78万キロリットル(490万バレル)で、
1989年に4万キロリットルが流出したアラスカ州のタンカー事故(エクソンバルディーズ号原油流出事故)を
はるかに超えた。
この流出量は1991年の湾岸戦争(150万バレル)に次ぐ規模で、
1979年メキシコのイトスク(海底、45万t、330万バレル)、
1979年アトランティック・エンプレス号(29万t)を大幅に凌駕している。
被害規模は数百億USドルとされる。

現場:メキシコ湾のミシシッピ川三角州近く
座標:北緯28度45分19.34秒 西経88度23分15.65秒
発生日:2010年4月20日より流出中
原因:掘削施設爆発によって掘削パイプが折れたことによる
負傷者:行方不明者11人 17人
運営者:BPと契約しているトランスオーシャン社


____________________________________________________________________




人気ブログランキングへ

Posted by おきっここ
comment:0   trackback:0
[ニュース:国際]  thema:海外ニュース - genre:ニュース
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。